50代以上の女性が日本を変える!美肌をつくり出す、シートマスクの裏技!

50代以上の女性ってホントにパワーがある方が多い世代ですよね。

編集部でも50代以上の女性が大活躍していて、そんな女性のおこなっているシートマスク美容法を紹介しますね。

シートマスクの効果を倍増させるテクニック【ラップで浸透】

 

シートマスクは、洗顔後に化粧水をつけてから使うものもありますが、「海洋深層水配合のシートマスク」は浸透率が高いので、洗顔後すぐに使用することができます。そのシートマスクをただ使うだけでなく、人と差をつける使用法をお教えします。

それはとっても簡単「シートマスクを顔にのせたら、ラップをそのシートマスクの上にのせるだけ」。
ラップが水分蒸発を防ぎ、シートマスクの美容成分をじっくりと肌に浸透させることに成功です。

ちなみにラップの厚さって、肌の角層の厚さとほぼ同じなんですよ。

シートマスクは肌状態にもよりますが、週1~2回程度がおススメです。シートマスクは美容成分が高濃度で配合されていますので、毎日使うとお肌がそれに慣れてしまいがちなんです。
たまに毎日使用してOKを売りにしているシートマスクを見かけますが、毎日使用しても大丈夫な程度の美容成分しか配合されていないかもしれませんね。

ラップの代用としてお湯で温めたホットタオルで代用することもできますので、さっそく試してみてください。明日の朝目覚めたときのプルプルは、もうやみつきです♪

シートマスクを使用するときの注意点

 

・海洋深層水がベースのシートマスクは、洗顔後そのまま使用しましょう。
(精製水がベースのシートマスクは、化粧水で保湿してから使用してください)
・もったいないからといって必要以上の時間使用するのはやめましょう。また、1度使用したものを使いまわすのは絶対やめましょう。
(推奨時間の倍以上の時間使用すると逆に乾燥を招く場合があります)
・空気を入れずに顔にピッタリと貼り付けましょう。
(肌とシートマスクに隙間があると、美容成分が肌に入らず蒸発してしまいます)
・シートマスクをした日の夜はしっかり睡眠をとりましょう。
(美肌菌は夜寝ているときに増殖します)

さて、いかがでしたでしょうか。

同じシートマスクでもちょっと工夫するだけで劇的に変わります。

【編集後記】

「肉食系女子」という言葉をよく耳にしますが、このサイトを管理している編集部はまさに「肉食系女子」の集まりです。
肉食系女子というと、ガツガツしていてパワフルなイメージを抱かれがちですが、そう見えるのは“とにかく気持ちの切り替えが早く、常にポジティブ”なだけです。
だって、失敗したり嫌なことがあってクヨクヨするのってもったいないと思いませんか?気の合う仲間と笑って話したり、好きなものをみんなでおいしく食べたり、そんな時間を過ごしたほうが、いいですよね。そのほうがお肌にもゼッタイいいし。

編集者の多くは50歳代の女性も多く、いわゆるバブル世代といわれている人種。
バブル景気とは1986年~1991年 に日本で起こった超好景気。その時代の中心のバブル世代といわれる方たちの、今の年齢が50歳~54歳なんです。
この世代は常に積極的で、常に最新の美容法を実践していて、美容業界や美容情報を常にリードしている年代です。
私たちがこのサイトの管理を任されているのも少なからず、そういった理由からかもしれません。

「ちょっと待って!私たちもあなたたちに負けないわよ」と、隣のデスクの副編集長から横やりが。ちなみ副編集長は64歳。
そうなんです、実はこの年代もとってもパワフル。

全世代を対象にした「幸福度アンケート(ADK生活者総合調査)」によると、女性の平均が6.33点だったところ、なんと60代女性は平均6.89点で、他の年齢層を大きく上回る結果が出ています。

まさに、50代以上の女性って人生を謳歌するために、今を一生懸命生きているなって感じませんか。
こんな私たちですが、美容に役立つお話をたくさんお届けしますので、引き続きよろしくお願いいたします。

1 個のコメント

  • 自分でも 肌がシットリ してきたなと 実感してます 私は最高齢の シニアです 友達にも 肌が白くなって綺麗になったわね 嬉しい限りです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です