乾燥肌?脂性肌?あなたの肌は何タイプ?

今回は、美肌作りをはじめる前に、自分の肌質を知り、肌質にあったスキンケア法を知りましょう。

まずは自分がどの肌タイプかチェックしてみましょう!

まずは知ろう!あなたはどれ?「12の肌タイプ」

 

「スキンケアして数時間立つと、皮脂が浮きやすいから脂性肌」、「いつも肌荒れを起こしているから敏感肌」・・・
ホントにそうでしょうか?実はそれ、乾燥肌が原因の場合もあるんですよ。
今回はそんな勘違いも含めて、自分の肌診断が手軽にできるものを紹介します。

その前に、肌質は12のタイプに分かれます。ご自身の肌をイメージしながらご覧ください。

上の肌タイプ分類では

A1.「理想肌」・・・きめ細かでみずみずしい肌状態
A2.「ふつう肌」・・・みずみずしくうるおいのある肌状態
A3.「脂性肌」・・・みずみずしいがべたつく肌状態
B1.「やや乾燥肌」・・・ややつやがなくかさつきやすい肌状態
B2.「やや乾燥型ふつう肌」・・・あぶらは適度でもかさつきやすい肌状態
B3.「やや乾燥型脂性肌」・・・あぶらっぽいのに部分的にかさつく
C1.「乾燥肌」・・・みずみずしさやつやがなく乾燥している肌状態
C2.「乾燥型ふつう肌」・・・水分が不足し乾燥してかさついている肌状態
C3.「乾燥型脂性肌」・・・あぶらっぽいのにかさかさする肌状態
D1.「超乾燥過敏肌」あぶらも水分も不足してバリア機能を失った肌状態
D2.「超乾燥肌」・・・水分が不足しきって肌あれしている肌状態
D3.「超乾燥脂性肌」・・・肌あれしているのにべたべたする肌状態

「え~っ!12分類中9個に「乾燥」という文字が入っているじゃない!」
私たちがこの肌診断システムをはじめて知ったときのリアクションです。

自分がどの肌質なのかはこれからではなかなか分かりませんよね。エステサロンやクリニックなどで肌診断をされた方もいると思います。
今回ご紹介するのは「自宅にいながら細かい肌診断をすることができる」肌診断システム(スキンチェッカー)です。

この「スキンチェッカー」は、肌の専門家(医学博士、美容カウンセラーなど)の知見が終結した、肌を科学的な視点から分析する本格的な肌診断法です。

肌質だけじゃない、肌年齢と実年齢の比較もできる!?

 

インターネット上で肌年齢や肌質分析をするサイトはありますが、質問だけでホントの肌分析とはいえません。もちろん簡単に知ることができるので、参考にはなりますよね。

「スキンチェッカー」では、問診の他に、ご自身の「角質」と「皮脂」を専用のチェッカーで採取し、それを測定器にかけるので、より正確な肌質分析ができるんですよ。

↓↓↓これが分析結果データです↓↓↓

◇スキンチェッカーでわかること◇

角質状態
角質チェッカーにより採取した角質を画像解析し、「「角質の厚さ」「角片(角質の塊)の数」「角片の大きさ」「角片の形状」「角片の揃い方」の5つの角度から評価した結果がわかります。

角片が細かく保湿もある状態  角片は荒く乾燥が進んでいる状態

総合的な肌状態
「透明感」「モイスチャーバランス」「肌活度(お肌内部の元気
度)」のレベルがわかります。また、肌診断チャートにより、肌全体のバランスが一目で確認でき、現在のスキンケアのポイントがわかります。

推定肌年齢
実年齢に対するプラス・マイナスの年齢差がわかります。実年齢差は年代が高くなるにつれ大きくなり、若々しいお肌を保つモチベーションにつなげられます。

※提供するスキンチェッカーにより1,000点満点の総合評価点になる場合があります。

肌タイプ
現在のあなたの水分量と皮脂量を判定した肌タイプがわかります。

今の肌状態に合わせたお手入れアドバイス
お肌チェックの結果についてのコメントと今のお肌にあったお手入れのポイントをお知らせします。

いかがでしょう?自宅にいながらこれだけの診断をしてくれ、スキンケアアドバイスまでついてくるなんてお得だと思いませんか?

この「スキンチェッカー」システムは、クレシェール化粧品で販売されているのでぜひお試しください。

ご自身の肌質に合わせたスキンケアをすることで、肌本来のパワーを最大限発揮させることができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です