50代から始める「肌に負担をかけない」お手入れ方法とは?

「たるみ」「シワ」「シミ」など…

年齢を重ねるごとに肌の悩みは増えていきますよね。

今回は、50代の方向けにそのお悩みの原因もふまえ、肌がなぜ老化するのかを知ってもらい、肌に負担をかけないお手入れ方法をお伝えしていきたいと思います。

肌老化は予防できる?

お手入れ方法をお伝えする前に、まずは肌の老化するしくみについてお伝えしていきます。

肌にまつわる老化は「老化肌」といわれています。たるみ、しわ、シミといった「老化肌」は、加齢とともに生理機能の低下によって起きる細胞老化の現象のことをいいます。

「加齢肌」は自然の老化なので防ぐことはできません。しかし、「老化肌」は細胞の老化なので、老化を遅らせることもでき、防ぐことも可能です。

肌の悩みがあらわれる前からこつこつお手入れをすれば、肌の老化は予防することが可能なのです。

加齢で老化する肌の変化とは?

年齢別の肌老化
40代――「乾燥」+「ターンオーバーの乱れ」
50代――30代(乾燥)+40代(乾燥、ターンオーバーの乱れ)+「筋肉のゆるみ」
→〈ポイント〉たるみ、シワが増えて目立つ
60代――「乾燥」+「ターンオーバーの乱れ」「筋肉のゆるみ」
→〈ポイント〉(見た目にはっきりと分かる)あきらかなタルミ現象
70代――「60代までの老化現象」+「肌が硬く」
→〈ポイント〉お手入れが効かなくなる
80代――30代からずうっと全部足し算していって肌が硬くなった結果、
「深いシワ」が刻まれてしまう

40代までの肌老化としては、乾燥+ターンオーバー(古い細胞が新しい細胞に押されて皮膚の表面にまで上がり、最終的に自然にはがれ落ちるサイクル)の乱れだけでしたが、50代に入るとそこに筋肉のゆるみがプラスされ、たるみやシワが増え続けます。

このように、年を重ねるごとに肌の老化は進んでいくので、一刻も早く肌に負担をかけない、最適なお手入れが必要なのです。

「肌に負担をかけない」お手入れ方法とは?

これまでお話しした肌の老化のしくみを知ると、50代からのお手入れは大変…という印象を持たれた方もいるのではないでしょうか。

ですが、50代以降のケアができるかできないかがとても重要となってきます。ここからは、化粧品の力で肌に負担をかけないお手入れ方法をお伝えしていきたいと思います。

①スキンケアで手の届く角質層にハリと弾力をもたせる

肌の構造は上部が表皮、下部が真皮となっていて、真皮にコラーゲンがあり肌を支えています。これがポキポキ折れて支えられなくなり、だんだん平らになっていきます。

肌内部は、若い頃だと真皮部分がほとんどですが、年齢とともに表皮の体積が多くなっていき、肌は下がっていきます。

改善には、化粧品で手の届く「角質層」を厚くしていくことが大事です。「厚く」とは良い意味での厚さです。

角質層を厚くするには、真皮で持ち上げるのは無理でも、コラーゲンや保水力・吸水力のある美容成分で角質層を内側から持ち上げると、たるみの目立たない肌になります。それには時間と丁寧なケアが必要になってきます。

クレシェール化粧品で使用している久米島の海洋深層水は、ヒト皮膚繊維細胞を用いてコラーゲン合成促進効果に関する実験をおこなったところ、プロコラーゲン量を約2.1倍増加させることがわかりました。

これにより肌細胞に活力を与えて、コラーゲンを促す働きが見られ、皮膚のエイジングケア効果を示すことが期待されています。

角質層を元気にして、ハリと弾力のある肌にしていきましょう!

②皮膚の再生とリフトアップが大事!

50代からのお手入れは、新陳代謝という意味での細胞の再生とリフトアップも大事です。

クレシェール化粧品の「プレミアムシートマスク」は、ターンオーバーを含め、新陳代謝や内側からの弾力・リフトアップに最適なアイテムであり、50代以降のスキンケアにプラスするなら、ぜひプレミアムマスクを習慣にしてほしいです。

早くからケアしている人は、50代でもたるみが目立たない人が沢山います。内側から押し上げる力を養う、育てる、その肌を育てることにかかる時間が、早くからやった人と遅い人ではかなり違います。ぜひ、今すぐ始めてみて下さい。

プレミアムマスクをもっと知りたい方は⇒ こちらをクリック

 

いかがでしたか。今回は、50代の方向けの肌に、肌の老化のしくみや負担をかけないお手入れ方法を紹介しました。紹介したお手入れ方法をぜひ取り入れてみて下さいね♪

 

▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ おすすめ記事 ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽

正しい洗顔で肌を育てる方法とは…?

【幸せホルモンについて徹底解説!】化粧品を使うと出てくるって本当…?

精神的にも影響する化粧品の役割とは?

肌のバリア機能を強化!今からはじめる乾燥対策!

【唇荒れ】唇荒れを進行させる「NG行動」&保湿力を高める唇のケア方法とは?

クレシェール化粧品公式LINEでは最新情報やお得な情報を発信中!

ぜひ友達追加してくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。