冬場の入浴時は注意!「ヒートショック」とは?

入浴には、体を清潔に保つだけでなく、体を温めたり血液循環をよくするなどの効果があります。しかし、冬場の温度環境や体調によって疾病の発症や、命に関わる事故となる場合があります。今回は、そのような健康被害や冬場の入浴時に気を付けたほうが良いことなどをお伝えしていきたいと思います。

ヒートショックとは

暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって、血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。失神や不整脈を起こしたり、急死に至る危険な状態で気温の下がる冬場に多く見られます。

また、ヒートショックは体全体が露出する入浴時に多く発生します。暖かい部屋から温度の低い脱衣所や浴室内に入ることで血圧が上がり、その後、暖かい湯に入ることで血圧が低下します。この急激な血圧の上がり下がりが失神を起こす原因の一つと考えられます。

ヒートショックの危険性が高い人

高齢者は日頃元気な方でも血圧変化をきたしやすく、体温を維持する機能も低下しているため、特に注意が必要です。また、高血圧の方は、血圧の急激な上下変動による低血圧が起きやすく意識を失う可能性が高くなります。糖尿病や脂質異常症の方は、動脈硬化が進行し、健常の方に比べて血圧を適正に保つことが難しい場合があるため、注意が必要です。

お風呂に入る前に気を付けておくこと

入浴中の事故は、持病がない場合や前兆がない場合でも発生するおそれがあります。本人が注意するとともに、家族の方など周りの方も一緒になって事故防止を行うことが大切です。入浴中の事故を防止するために、以下の点を確認してみて下さい。

入浴前に脱衣所や浴室を暖める
湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にする
浴槽から急に立ち上がらないようにする
④食後すぐの入浴、またはアルコールが抜けていない状態の入浴は控える
精神安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴は危険なので注意して下さい
⑥入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらう

 

いかがでしたか。今回は、冬場に多く発生するヒートショックや入浴する際の注意点などをお伝えしました。

まだまだ寒い日が続きますが、室内の温度と入浴後の体温差にはぜひ気をつけてお過ごしください…!

 

▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ おすすめ記事 ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽

【乾燥対策】有効な食品飲料とボディケア用品を紹介!

【50代~年代別】人気のファッション雑誌&生活情報雑誌特集!

【幸せホルモンについて徹底解説!】化粧品を使うと出てくるって本当…?

乳酸菌より効果的な乳酸菌代謝物質で腸内環境改善!

クレシェール化粧品公式LINEでは最新情報やお得な情報を発信中!

ぜひ友達追加してくださいね♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。